経済

無駄撃ちはお金の無駄使い

無駄撃ちはお金の無駄使い

(公開: 2014年12月 3日 (水)

実際にパソコンの前に座り変動している市場を眺めていると、トレードをせずにはいられなくなるという思いに駆られる状況も少なくありません。

 

だけど、不明瞭な直感で売買するのは、絶対に避けてほしい。

 

ご覧の通り、外国為替市場は四六時中、常時どこかの国のマーケットが変動しているし、為替相場も常時上がったり下がったりします。

 

だからといって、闇雲に売り買いを積んでいくとそれだけで損をする危険性が上がります。

 

当然の事ながら、トレードの数を経験することによって少しずつ利益を上げられる可能性が50%、50%になっていくのは事実です。

 

でもこの事は「ぼんやりとした思いつきでエントリー」してしまうこととは別問題です。

 

エントリー回数を増やすということは「ここはいける」と考える勝算を得られたところでの注文回数を重ねるという事を言っています。

 

特段の理由も無く、ひっきりなしに売り買いを繰り返すのとはかなり異なります。

 

外国為替市場の戦いに負けないためには、自ずから考えて緩急をつけることこそが大事です。

 

「ここだ!」とよく考えた相場の時には、迷わず持っているポジションを積み増して利益を追い求めます。

 

「ちょっと頭をかかえる為替相場でどう動くのか理解できないな」と思い至った時は、観念して売買ポジションを諦めて何もしない。

 

このぐらいのけじめをつけた方が最後に取引は勝てます。

 

為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通りです。

 

相場とは、常にポジションを持つことがすべてではなく、どのポジションも所持せずじっと見ていることも場合によっては必要です。

 

それならば、いつ、休む必要があるのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、前述の通り、最近のマーケットが具体的に判断できない時です。

 

どうなるのか決める事が出来ない時は間違って判断すると、自分自身の思い描いた物語とは逆の方向に相場が動いてしまい損をする事になります。

 

だから、こうした場面ではポジションを整理してそのまま何もしないで様子を見ているのが良い方法です。

 

ふたつめは、あなた自身のコンディションがすぐれない時。

 

体の調子と外国為替市場に関係がない思う人もいるでしょうがつながりがあります。

 

体の状態が思わしくなければ外国為替市場の失敗できない状況で落ち着いた判断を下すことができない。

 

興味がわかない時は、マーケットから遠ざかる事も大切な事です。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。